両家挨拶のタイミングはいつがいい?

婚約が成立したらすぐに

婚約が成立したら両家挨拶をする必要がありますが、できれば婚約が成立したらすぐに挨拶したいものです。中には結婚式の場所や日にちが全て決まってから挨拶するという方もいますが、それでは両家が日にちを合わせにくいので避けた方が良いです。海外旅行へ行く予定だったなど、既に予定があった場合は取り消す必要が出てくるので迷惑がかかります。
しかし、結婚式の場所や日にちが未定の状態で挨拶すれば話し合いの中で適切な日を決めることができます。もちろん結婚する当人同士が勝手に決めても問題はないのですが、両家の両親は必ず参加することになるので配慮することも大切です。子どもの結婚は喜ばしい出来事ですし、なるべく早く挨拶したいです。

不幸があった場合はタイミングを見計らう

挨拶をするという時に、偶然にも不幸が重なってしまうということもあります。そんな時に無理矢理挨拶しても喜びが半減してしまいますし、非常識だと思われても仕方ありません。なので、不幸があった時は婚約が成立していても時間を置く必要があります。悲しみが癒えて普段通りの生活ができるようになった時に結婚の挨拶をすれば、きっと幸せな気分になってくれます。
病気で入院しているという状態であれば、挨拶を控える必要はありません。容体が急変してしまっては報告ができなくなりますし、結婚の報告が生きる希望となって活力を与えるかもしれません。不幸、病気などデリケートな状況は幸せな報告をしにくいですが、最良の時を見計らうしかありません。

結婚式場を神戸で契約をする際には、人気の高い業者のサービスの良しあしを比較しながら、早期にスケジュールを決めることが大切です。

Copyright © Wedding Traditions. All Rights Reserved