同席者は誰と誰?

ゲスト同士に気配りを!

披露宴演出を自分たちの希望で多数組み込んである結婚式を、ゲストにいかに楽しんでもらうかは腕の見せ所です。
まずは配席の段階で、このゲスト同士であれば良い組み合わせだろうなど、配慮する必要があります。披露宴の演出は、楽しめている人はあっという間に時間が経ちますが、同席者に知り合いもいないような人にとったら、ただの苦痛な時間意外のなにものでもありません。そうなれば、せっかく忙しい中で時間を作って駆けつけてくれている人に対し、非常に失礼な新郎新婦です。配席の段階で、仮に知らない人同士が同席であるなら、それはそれで一言双方に前置きを入れてあげるのが適切です。また、一度紹介しておくなどしても良いです。友人たちもそんな新郎新婦であれば、心から祝福してくれます。

同席者へ連絡を入れる場合

ゲスト同士が同席者だと知っている場合の注意点は、連絡の方法です。当日、何らかの事情で連絡を取り合うことは問題ありませんが、すでに式がスタートしているようであれば、メールにするなどの配慮が必要です。披露宴の主役は新郎新婦ですので、同席者で盛り上がりすぎて、演出を妨げるような行動や私語は慎みましょう。
また初対面の同席者であっても、始めに軽く自己紹介などで打ち解け披露宴を楽しみましょう。同席者同士で、披露宴中のマナーに配慮して皆で楽しい披露宴を作りあげた方が、思い出深いものです。また、もしも何かあった場合には、同席者同士で助け合うことを心がけるべきです。よりよい披露宴となるために一人一人が同席者に対し思いやりを持ちましょう。

結婚式を神戸で行うメリットとして、交通上の利便性が高いだけでなく、披露宴の演出にこだわることができる点があります。

Copyright © Wedding Traditions. All Rights Reserved