挨拶の進行の仕方

スピーチ依頼をされたら…

スピーチ進行の依頼はふたりのことをもっともよく知る人として選ばれることが多く、その内容はふたりの人柄を他のゲストに知ってもらえるような内容が良いです。進行は、お祝いの言葉を新郎新婦、両家親族に述べたあと、自己紹介を簡単にします。新郎新婦と自分の関係を分かりやすく述べ、エピソードに移ります。このエピソードでは、自分だけが知るエピソードなどを組み込むと印象に残り非常に良いです。そしてはなむけの言葉でふたりのことを祝うとともに、今後もふたりと変わらぬ関係であることを表し、最後は結びの言葉で今後の発展を願い、お祝いの言葉でうまく締めくくります。冠婚葬祭の進行の中で、使ってはいけない言葉もあるので注意する必要があります。
指名されてからの立ち居振る舞いや、内容をしっかり練習しておきましょう。

結婚式二次会の幹事の挨拶と進行

二次会は、第二の結婚式とも言われる非常に大切なパーティーです。幹事は、予算や会場の選定から内容・進行に至るまで、新郎新婦と会場側、さらにはゲストとも綿密に打ち合わせをしながら進めていきます。二次会当日はスタッフの中心となって動き、会場と協力して進行し、司会をする場合も多いです。始まりの挨拶~新郎新婦入場~イベント~締めの挨拶まで、挨拶を細かくしながら進行するため、とても責任があり重要な役割です。
大変ではありますが、新郎新婦にとって頼りにされ任された幹事を、引き受けた以上は必ず成し遂げましょう。また、二次会において乾杯の挨拶を幹事からお願いすることもあるので、抜かりなく事柄を注意し備えましょう。ぜひあなたに幹事を頼みたい、という新郎新婦の気持ちに応えましょう。

関西で結婚を考えているカップルは、是非ブライダルフェアを神戸で経験するといいでしょう。素敵な結婚式のイメージトレーニングになります。

Copyright © Wedding Traditions. All Rights Reserved